オンライン歯科相談 他で抜歯言われた歯の根幹治療ますいう 2021年3月18日

オンライン歯科相談 他で抜歯言われた歯の根幹治療ますいう。歯科医院で働いているものです。「他で抜歯言われた歯の根幹治療ます」いう文言、レントゲンみて言われたいうこでょうか
、冠開けてみていうこでょうか

皆さん、どうやって 転 院やセカンドオピニオンてるんか
、冠開ける前、「最悪抜歯なってよければ」治療選択するよう言われて迷って
他の皆さん違うのか
歯医者さんで、患者さんで 回答お願いいたます根の治療根管治療について。いわゆる「根の治療」「歯の神経の治療」について 虫歯が深くなって痛みが出
てきた。歯医者さんにかかったらば「神経の治療が必要です」と言われた。
虫歯の深い歯を見てもらったらば「抜歯」と言われてしまった。レントゲンや
診査でどの歯が原因か。本当に根の治療が必要か。治療したらばきちんと治る
のかを診断します; 古い詰め物?被せ物や虫歯を除去します; 歯の神経の左下
番他の歯科医院で抜歯が必要と言われた歯矢印の部分が通常の治療が難しい根の
先の病巣

根管治療複数の医院で抜歯と言われた歯の治療感染根管治療。以前の治療で使われている材料土台やガッタパーチャーなどをすべて除去し
。本来の神経管の走行通り道を探します。 この作業が一番時間がかかり。一
番重要だと言っても過言ではないかと思います。 この患者様のオンライン歯科相談。ご相談ですが。最近の歯科治療ではラバーダムを使用して虫歯の治療をしますが
。ますます口を動かせないのでとても幸いにもこれから親知らずが生えてきて
。抜いた歯の部分にできる隙間を埋めてくれるから大丈夫だ」と言われたとの
ことでした。の歯では根幹治療に耐えきれたいため即抜歯をしなければ
ならない」ということはあるのでしょうか。ということです。実は日金曜日
。セカンドオピニオンで別の歯医者でレントゲン撮ってみてもらいましたが異常
なしでした。

根管治療で悩まれている方へ。川崎市にある歯科医院医療法人社団 とかじ歯科ではマイクロスコープを使用
し根管治療を行います。歯もう抜歯しかないと言われて。わらをもすがる思い
でいらっしゃる患者さんもいます。右上の奥歯に痛みを訴えて来院された患者
さんで。レントゲン写真で上の大臼歯の間に大きな虫歯が認められました。1
主訴。歯ぐきが腫れて痛むが。抜歯が必要か知りたい2診断。右下7番根尖
性歯周炎。6番根尖性歯周炎と穿孔。右下番智歯周囲炎3年齢?性別。36歳
?他院で抜歯と言われた。突然言われてパニックになる方もいるのではないでしょうか。 それでも。まず
確認しておきたいのが。抜歯以外の選択肢。 場合によってここでは。抜歯を
勧められるよくある原因別に。むし歯の場合と歯周病の場合の治療法について
みてみましょう。マイクロスコープという顕微鏡で歯の根の内部を拡大し
ながら。根管内を徹底的に清掃します。ます。しかし。土台となった歯が破折
しやすい。ブリッジと歯ぐきの間が不衛生になりやすい等。課題が多く残る治療
法です。

他医院で「抜歯が必要」と言われた方へ。歯医者さんでこのようなことを言われ。ショックを受けたことがある方も多いの
ではないでしょうか?そして。その大切なご自身の歯を最後まで守れるのは。
適切な歯科医院選び含め。ご自身のみだと思います。日々。何十人もの治療を
こなしていく中では。「抜きたくない」という患者さまのお気持ちよりも。より
効率を重視した治療法を選択してしまい他の医院で抜歯を勧められたけれども
。何とか歯を残したい」と思っている方は。まずは是非ご相談にいらして
ください。歯根端切除術の相談コーナー。根管治療で治らない場合。抜歯せず歯根端切除術で歯を残します。筆者は歯根
端切除術の専門治療をしていて。ネット検索すると手術で困っている方が多い
ことを知根管治療を続けても治らず抜歯するしかないと言われたが何とか歯を
残したい方。他病院で嚢胞が大きい。歯根が短いからできないと言われた。
普通の歯科レントゲン写真がよりも優先して重要で。歯槽硬線。歯根膜空隙。
歯根炎症性吸収。壊死セメント質。根管。根尖病変などを画像診断し治療方針を
決定

他で抜歯言われた歯の根幹治療ますいう文言レントゲンみて言われたいうこでょうかの画像をすべて見る。

歯科医院で働いているものです。本当に歯が割れているのかはレントゲンを見ただけではわからないので、冠をあけて根の状態を確認する必要があります。冠を外して完全に根が割れているようなら抜歯が必要かもしれません。冠を外して歯が割れてる、抜歯しますと急に宣告されても患者さん自身びっくりしてしまうので、あらかじめそのようにご説明しているんだと思います。歯が割れていると言っても、ヒビが薄く入っている程度など歯科医院によって考え方は違いますがであれば再度冠を被せることができるかもしれません。ただ少しでも破折線ヒビがある歯に冠を被せても耐久性がなく、長くその歯を使っていくのは難しい時が多いです。セカンドオピニオンや転院については自分自身でHPなど見ながら探すしかないと思います。それか知り合いの方でおススメの歯医者などあれば紹介してもらうとかですね、、長文失礼致しました。レントゲンだけである程度の予測ができるので予測したどれであっても、重度でも治療できる自信があるのだと思います。経験がないとできないので大学で臨床経験が10年以上あるのか100例以上経験があるかなど経歴も調べます。HPで症例をあげている先生もいますし無料相談からスタートしてその先生が治療できそうなら依頼すればいいと思います。抜歯となった時に一番有利なのはできるだけ綺麗な親知らずが残っているかどうかです。 親知らずの移植、歯茎に埋まってても残ってないですか?一度抜歯して外で直して戻したりするのもあります。>「他で抜歯と言われた歯の根幹治療をします」という文言は、レントゲンをみて言われたということでしょうか?そうとは限らないでしょう。>冠を開けてみてからということでしょうか?そういうことです。どのみち根管治療は冠を取らなければできませんので。>どうやって 転院やセカンドオピニオンしてるんですか?まずは現医に相談をします。>他の皆さんは違うのですか?“他の皆さん”によるでしょう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です