BIBLE 2?あなたヘブルびである奴隷買う時六年のあい 2021年3月18日

BIBLE 2?あなたヘブルびである奴隷買う時六年のあい。δο?λο?。●キリスト教の方々伺 むか 奴隷だった人、七年目「自由なっていいよ 」されていたの、自ら 自由なるこ拒み、主人ずっ仕えるこ願い出るこあり ===== 出エジプト記 21:2 2?あなたヘブルびである奴隷買う時、六年のあいだ仕えさせ、七年目無償で自由の身て去らせなければならない ? 出エジプト記 21:5,6 5?奴隷『わた、わたの主人、わたの妻子供愛ます わた自由の身なって去るこ好みません』明言するならば、? 6?主人神の連れて行き、戸あるい柱のころ連れて行って、主人、きりでの耳刺通さなければならない そうすればいつ仕えるであろう ? ===== 【なぜ だ思か 】 【新訳聖書で言われる、奴隷 ようなのか 】ヘブル人への手紙12。こういうわけで。わたしたちは。このような多おおくの証人しょうにんに雲く
ものように囲かこまれているのであるから。 信仰 しんこう の 導 みちび き 手
て であり。またその 完成 かんせい 者 もの であるイエスを 仰 あお ぎ 見 み つつ
。 走 あなたがたは。 罪 つみ と 取 と り 組 く んで 戦 たたか う 時 とき 。
まだ 血 ち を 流 なが すほどの 抵抗 ていこう をしかし 後 のち になれば。それ
によって 鍛 きた えられる 者 もの に。 平安 へいあん な 義 ぎ の 実 み を 結 むす
ばせる

トピックに関する聖書の詩:。主人を避けて。あなたのところに逃げてきた奴隷を。その主人にわたしては
ならない。 申命記 あなたがヘブルびとである奴隷を買う時は。六年の
あいだ仕えさせ。七年目には無償で自由の身として去らせなければならない。 出
エジプトBIBLE。だけとってみても。ひとは「ちり」であること。命の息を神によってふき
いれられてはじめて生きた人となったこと出エジプト記という名前は。創世記
の時にも書きましたが。もともとのヘブル語聖書の名前ではありません。
モーセはユダヤ人に律法をもたらしたひととして記憶されますが。最初の年間
に王宮で教育を受け。次の年間に人間章は過失罪で。故意罪については民
数記-に民からたたれなければならないことが書かれている。

新改訳聖書。御子は神の栄光の輝き。また神の本質の完全な現われであり。その力あるみ
ことばによって万物を保っておられます。ですから。私たちは聞いたことを
。ますますしっかり心に留めて。押し流されないようにしなければなりません。
キリストは。人としてこの世におられたとき。自分を死から救うことの
できる方に向かって。大きな叫び声と涙と神は正しい方であって。あなた
がたの行ないを忘れず。あなたがたがこれまで聖徒たちに仕え。また今も仕えて
神の御名出エジプト記:第21章。に示すべきおきてである。 あなたがヘブルびとである奴隷を買う時は。六年
のあいだ仕えさせ。七年目には無償で自由の身として去らせなければならない。

δο?λο? 僕、奴隷δουλε?ω 労働ギリシャ語において、「僕」と「奴隷」は同じ言葉で、僕として何か役目をもらってそれに従って行うのが「労働」だ、というわけなんです。ただ、福音書でいうところの「僕」「奴隷」は特別の意味があります。「僕」に対する語はκ?ριο?「主」です。ややこしいことに七十人訳ではYHWHをみだりに発してはいけないために、その場所にこのκ?ριο?が使われます。が、とりあえず福音書のロジックの中ではそれにとらわれすぎない方が良い。主は僕に対する言葉なのです。主と言うのは、ある個人、特定のものを指していると同時に、意志の主体を指しています。僕というのは、自らの意志を持たないもの、従うものを意味しています。わたしの言わんとすることをわかってほしい。彼らは現代哲学、現代心理学、インド哲学などがするように、ある心理的現象を表現するためにそれを表現するややこしい抽象名詞、専門用語を作り出したりはしなかったのです。そうした語彙を使う代わりに一般的な単語、人物、地理などで、それを一緒に表現するというやり方が普通だったのです。黙示文学なんていわれますけど。キリストが言ってるのは「お前の主は誰やねん?」ということなんですよ。お前の意志、お前の命、なんだ?ということです。当時の感覚から言えば「お前の神とは何か」と言ってもいい。それは、あなたはあなたの文脈で質問して初めて意味を持ちます。お前の神ってなんだ。そういう文脈の中で、「あなた方は僕に過ぎないと覚えておきなさい」なんですよ。たとえば、あなたは主を迎えるために善行をするでしょう。彼の気持ちに適うような振舞をするでしょう。だからと言って、あなたが誉を受けるわけではないのです。本当にいまにも彼が来る、そういう事実が存在するから、そういっているのです。青信号は、「進んでもよろしい」で、進まないこともできる、それに似て奴隷のままでも良いというはるかに広い選択の権利を与える物、これで良いか。新約聖書にある奴隷とは、キリストのしもべということでしょうか?信者は、悪魔罪の奴隷から神の奴隷へとなります。イスラエル人自身が奴隷を持つことは神の恵みなのです。モーセの物語はエジプトの奴隷となったイスラエル人の解放の物語ですが、イスラエル人自身が私有財産として所有する奴隷に関しては、イスラエルの神もイスラエルの指導者も他の財産と同じく、神のイスラエル人に対する恵みとされます。アブラハムも、イサクも、ヤコブも、皆、数多くの奴隷を所有しており、私有財産として売買していたのです。創世記17:26アブラハムの家の男子は、家で生まれた奴隷も外国人から買った奴隷も皆、共に割礼を受けた。創世記24:35神が私の主人 [アブラハム] を大層祝福され、羊や牛の群れ、金銀、男女の奴隷、ラクダやロバなどをお与えになったので、主人は裕福になりました。創世記26:12-14イサクがヤハヴェの祝福を受けて、豊かになり、ますます富栄えて、多くの羊や牛の群れ、それに多くの召使を持つようになると、ペリシテ人はイサクを妬むようになった。創世記32:5-6わたし [ヤコブ] はラバンのもとに滞在し今日に至りましたが、牛、ろば、羊、男女の奴隷を所有するようになりました。そもそもエジプトに奴隷制が成立したのは神の僕であるイスラエル人ヨセフの政策によるところが大きのです。ヨセフはその才能をファラオに認められてエジプトの宰相になるのですが、宰相としての功績の一つが奴隷制を推進したことであることが記されています。創世記47:20-21ヨセフは、エジプト中のすべての農地をファラオのために買い上げた。飢饉が激しくなったので、エジプト人は皆、自分の畑を売ったからである。土地はこうしてファラオのものとなった。また民については、エジプト領の端から端まで、ヨセフが彼らを奴隷にした。モーセがシナイ山で、神からの戒律を授かった時、神は、奴隷を殺すことについて次のように教えてます。出エジプト記 21:20-21人が自分の男奴隷あるいは女奴隷を棒で打ち、その場で死なせた場合は、必ず罰せられる。ただし一両日でも生きていた場合は、罰せられない。それは自分の財産だからである。つまり、二十四時間以内に死んでしまう程、自分の奴隷を棒で打つのは犯罪になるが、少なくとも二十四時間は生き延びられる程度で奴隷を棒で打ち殺すのは犯罪にならない。その理由は、奴隷はそもそも私有財産だからである、のです。モーセは他民族を奴隷にすることを命じてます。モーセはイスラエル人をエジプトから連れ出すことには成功するけれど、神が約束したカナンの地には自ずから入ることは出来ませんでした。その目的地を目の前にして彼は死んでしまうことになるからです。しかし、彼はこれから入ろうとするカナンの地を目の前にしたイスラエルの民たちに対して、その地に入ったら、いかに行動すべきかを長々と説教します。それが旧約聖書の第五番目の書である「申命記」です。そのモーセの説教の中でも最も注意を引くのが、先住民は殺すか、さもなければ奴隷にせよ、という教えです。申命記20:10-17ある町を攻撃しようとして、そこに近づくならば、まず、降伏を勧告しなさい。もしその町がそれを受諾し、城門を開くならば、その全住民を強制労働に服させ、あなたに仕えさせねばならない。しかし、もしも降伏せず、抗戦するならば、町を包囲しなさい。あなたの神、主はその町をあなたの手に渡されるから、あなたは男子をことごとく剣にかけて撃たねばならない。だだし、女、子供、家畜、および町にあるもの全てあなたの分捕り品として奪い取ることができる。あなたは、あなたの神、主が与えられた敵の分捕り品を自由に用いることができる。このようになしうるのは、遠く離れた町々に対してであって、次に挙げる国々に属する町々に対してではない。あなたの神、主が嗣業として与えられる諸国民の民に属する町々で息のある者は、一人も生かしておいてはならない。ヘト人、アモリ人、カナン人、ペリジ人、ヒビ人、エブス人は、あなたの神、主が命じられたように必ず滅ぼし尽くさねばならない。神も神の僕モーセも奴隷制度そのものに対しては何の反対もされません。悪いのはイスラエル人が他の民族の奴隷になることであり、他の民族がイスラエル人の奴隷となることはむしろ奨励されているのです。象徴的に使われるときもありますが、一義的には普通に奴隷です。パウロの手紙では奴隷の存在は当然のことと見なされている。奴隷制そのものは原則論としても,キリスト教的にも反対すべきものとは考えられなかったコロサイ書の3:22に「奴隷たち、どんなことについても肉による主人に従いなさい。人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい。」ローマ書 13:1 人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によら . 神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。ーーーー500年以上の間、教会の指導者たちは奴隷制が正当なものだとのカトリック教会の教えを信じていた。さらに悪いことには、奴隷制が実際に神の意志により定められたのだと主張した。1886年、南エチオピアのガラ地区の司教代理は教理省に「奴隷制はカトリック教理と相容れるのか」と問いただした。奴隷制自体はその本質的な特性を考えると、自然法と神法に決して反するものではない。奴隷制にはいくつかの正当性があり、これは権威ある神学者や教会法学者の手による参照文献もある。奴隷の売買、交換、贈与はその条件が権威ある人の説明と証明を厳重に守るなら、自然法にも神法にも反しない。教理省はこの問いに肯定的な回答を強調したのである。教会自体、農奴や荘園を所有していた。1452年、ローマ教皇ニコラウス5世はポルトガル人に異教徒を永遠の奴隷にする許可を与えて、非キリスト教圏の侵略を正当化した。農奴 ?身分制の容認あなたは私を諸侯あるいは領主にしてくださいました。このことに私はいささかの疑念もさしはさむことはできません。悪をなす者にかならず剣を用いよ、というのがあなたの私に対するご命令です[ローマ書一三章四節ルターはパウロの言葉を引用しながら農民たちの皆殺しを諸公に進言した。「農民の強盗団について」農民を皆殺しにせよと諸侯たちに訴えた.1525年5月、フランケンハウゼンの戦いで農民たちは虐殺された。……総計13万人の農民が殺されたのであった。世界の名著373頁農民たちは権威に盾突いている。これは神の意思に反することだ。これ以上放置しておくと彼らの魂が汚れ、復活できなくなる。いま皆殺しにすれば、最後の審判の日にも彼らも永遠の生命を得られるかもしれないと。これが隣人愛ですか?農民が、あなたのみ前と世界の前で、万死に値することは明らかであり、また私は彼らを罰するように命を受けていることもはっきりしております//そして豚は殺せば殺すほど神の御意思に沿うのだとルターは主張する。出エジプト記は旧約聖書問いは新約聖書の「奴隷」ですか?人は、何かの奴隷である。と、言うのが聖書の考えです。自由の奴隷か?罪の奴隷か?なのですが…新約の奴隷とは、この二つに分けられます。しかし、出エジプト記の記述は、扱いや待遇が良く、継続して仕えたがる、僕の扱いを書いてる箇所ですよね。的外れだと思います。ごめんなさい。


タグ: Categories コミック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です